仲介手数料の疑問にお答えします

 



お部屋探しをする際、最近よく見かけるようになった
「仲介手数料不要」というフレーズ。
ホントに無料?お得なの?の疑問にお答えします。

 


Q1.そもそも、仲介手数料ってどういうもの?・・・・

賃貸物件を契約するときに必要なこの「仲介手数料」。これは一体何のために支払うお金かご存知ですか?これは賃貸に限らず、売買の取引の場合にも発生しますが、今回は賃貸の取引に絞ってご説明します。建物など不動産の賃貸借には、まず何より目的物である物件のオーナー(貸主)がいて、その物件を探している借主がいます。この両者の間に立ち、借主を募り、物件を紹介し、双方の取引の安全を図りながら、契約を成立させる責務を担うのが仲介の不動産業者です。その行為の対価として、双方から支払うお金が「仲介手数料」です。宅建業法で、家賃の1カ月分+消費税が上限と決められています。


Q2.どうして仲介手数料が無料にできるの?・・・・

仲介を行う不動産屋さんが、仲介を行う本来の目的であるこの「仲介手数料」。これを無料にする理由は様々あります。替わりに「礼金」という名目で貸主を経由して貰ったりという事もよくあるようですが、最も多いのは、もともと入居者が負担するはずの分の仲介手数料を、大家さん全て負担するというケース。そこには、物件が古い、駅から遠い、または長期間空室の状態が続いているなどといった理由から、手数料を多く負担しても早く入居してもらいたい、などといった大家さん側の悩ましい現実があります。
 また、最近「初期費用ゼロプラン」の様なキャッチフレーズを見かけますが、これは入居後の数か月、または数年にわたって、本来契約時に支払うものである初期費用を分割し、毎月の家賃に上乗せして支払う事で、「入居時の費用はゼロに出来ますよ」などという手法で、どこの仲介不動産会社さんも、なるべく費用が抑えられるように見える手法を考え、入居者獲得に試行錯誤されています。
 ほかには、「サブリース」といわれる手法があります。これは、貸主と入居者の間に業者が「借主」として間に加わり、本来の入居者に対し、貸主として物件を「転貸し」する方法です。これも結局掛かる経費は家賃に上乗せされるか、大家さんが負担することとなります。これには一部、大家さんへ過度な負担を強いるシステムが問題となり、近年「かぼちゃの馬車事件」や「レ○パレス問題」などが社会問題としてクローズアップされたことは、ご存知の方も多いと思います。

Q3.仲介手数料無料物件は本当にお得なの?・・・・

そのようなことから、費用の検討を行う場合は、初期費用だけの比較ではなく、<毎月の支払家賃、インターネット使用料なども含めた「そこに住み続けた場合のトータルコスト」>について、最低でも2年ほどの期間で比較検討されることをおすすめします。

自社所有物件賃貸だからできる、松久の仲介手数料ゼロの賃貸とは・・・・
弊社の賃貸は、自社で建築し所有している物件を、仲介業者を一切介さず、直接お客様にお貸しするため、手数料が一切かからないのです。

管理業務も自社一貫体制・・・・・
ご入居後は、物件の設備の故障対応、また、入居者間の利害調整などのアフターフォロー、また共用部分の日常的な清掃業務、さらに、空室が発生した際に、物件の状態を整え、新たな入居者に対し募集をかけるといった業務が、「管理業務」といわれるものです。通常この業務は管理業務のみを専門に行う業者に委託する事が一般的です。これについても、弊社は全てを自社で行っております。その分、資金ををお借り頂く物件の設備の充実に充てる事ができ、世間一般であれば有償となる設備の修理・取替えなどについても、多くの場合、無償で対応が可能であったりと、入居者様への利益還元、さらに各種トラブルへの迅速、且つ、きめ細かい対応を可能にしております。